2014年11月25日

片付けられない人のための、3つの整理収納手順

今年もあと1ヶ月と少しになりましたね。
大掃除シーズンですよ(^O^)
収納スペースの中も、掃除機と雑巾がけをして、良い風を入れましょう。
ぎゅうぎゅう詰めを解消して、ゆとりのある収納を心がけると運気UPですぴかぴか(新しい)

この度、総合情報サイトの「Latte」さんに、コラムの執筆をする事となりました。
月1回程度のペースで、整理や収納について、書かせて頂こうと思います。
応援宜しくお願い致しますm(__)m

生活や住まいに関するコラムの他にも、
旅行やグルメ、コスメ等、旬な情報満載のサイトです。
ぜひ!御覧くださいexclamation×2


posted by noriko at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2014年02月21日

モノは思い出、自己表現です。

モノが多いことがコチャゴチャの原因じゃない!



「整理=即捨てる」では虚しい(>_<)

リバウンドだってある
(^^


それにモノは思い出だし、自分が生きてきた証。



言わば「自己表現」

ものが多いから悪いわけじゃない、

持ち方に問題があるexclamation×2



だから、ゴチャゴチャするし、探さないと出てこない。


 整理は分類する事と言いますね。

「使っているor使っていない」別けられれば問題はありませんが、



人生長く生きていれば、思い出も生きた証も多くなるのが当たり前。



「手放すモノを決める為に分ける」のでは無くて、



持っている理由で別けてみませんか。


 

大切なモノ・大切だけど使っていないモノ・

いつも使っているお気に入り・使っていないけど気に入っている・・



こんな風に、手にとって気持ちを確かめながら、

まず心の整理をはじめましょうかわいい

posted by noriko at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2014年02月10日

日本の家庭は欧米に比べてモノが多い!?

確かに一般の家庭では多くのモノに囲まれて

暮らしている印象があります。


住宅事情も関係しているとは思いますが、

米国に比べフランスやドイツなどは

国土が広大ではありませんから住宅事情も

似ている所があると思います。


では、多くのモノと格闘している日本の主婦は、

家事能力が低いのでしょうか



決してそんな事はないと思います。


むしろ、収納技術やスペースを有効利用するアイディアは、


目を見張るものがあり、私は勝手にクールジャパンだと思っています。



なぜ多くの日本人主婦が「もっと収納スペースがあったら」と想い憧れ、


家を選んだり新築したりする時には、住空間を削ってまでも多くの


収納スペースを確保しようとするのでしょうか。



それは、日本の気候風土と文化や伝統を大切にする心に一因がある

と思います。


それプラス色々な事を柔軟に取り入れる気質もあります。




お正月に始まり


節分2月3日・桃の節句3月3日・端午の節句5月5日・


七夕7月7日・お盆7月15日・十五夜9月8日と言った、


伝統的な行事の他に、


海外の行事ハロウィンやクリスマスも取り入れています。


それぞれに部屋の設えが有り、家族や友人と楽しんでいます。


と言う事は、それらを収納するスペースが必要です。





日本人主婦で日本料理しか作らない、と言う方は少ないと思います。


当たり前の様に、洋食・中華・イタリアン・・と、多国籍な料理を


食卓に出し、炊飯は当たり前で、ケーキも作るし、パンも焼く、

お正月にはお餅も作る・・


と言う事は、道具や調味料も必要になり収納スペースを

確保しなくてはいけません。





先日の様な大雪もあり、梅雨もあり、猛暑もあります。


そ言う事は、季節の衣類や寝具・家電も必要です。


これまた、収納スペースが要ります。



いったいどれだけのモノを管理しなくてはならないのでしょうか?


一説には、四人暮らし(夫婦・子供2人)で、


スッキリ暮らしているご家庭でも、


6,000点のモノを所有しているそうです。


この数字には、日用雑貨や調味料と言った消耗品は含まれていません。


収納スペースからモノが溢れている、床にモノを置いていると言った


ご家庭では、
6,000点なんてあっと言う間に超えています。




これだけ多くのモノを管理している日本人主婦の、


奮闘と労働は大変なものだと思います。


しかし、人は誰でも平等に1日24時間しか有りません。


モノを整理する事は、雑用ではありません。


限られた時間をどれだけ有意義に自分らしく使えるか、


突き詰めれば、人生をより良く生きるための土台作りだと思います。


「理想の暮らし」「なりたい自分」を手にするために


モノとの関わり方、管理の仕方を考えてみませんか。


posted by noriko at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2014年02月03日

整理収納に資格が必要?


なんで自分の部屋を片付けるのに、お金を払って資格取るの

確かにそうですね。



散らかったモノを捨てて、片付けるだけでしょう


その“生活の後始末”何度も・何年も、繰り返してきました。

 

やがて、

整理=散らかった部屋の後始末=面倒くさい

 それでもスイッチが入れば、

モノを捨てて、収納グッズを購入して整頓。



その後いかがですか?


お家は綺麗に片付いていますか?


お部屋はスッキリしていますか?


必要なモノが直ぐに取り出せますか?


ストレスは軽減されましたか?

 
う〜んー(長音記号1)

かえって収納グッズを買った分モノが増えただけかもたらーっ(汗)

結構お金使っちゃったワヨむかっ(怒り)

収納本も、たくさん有って場所とってるワダッシュ(走り出すさま)

片付けるコトに疲れたワもうやだ〜(悲しい顔)




このへんで、整理とは、収納とは何ぞや・・と、

考えてみる時間を持つのも良いのでは?


資格云々は、学んで理解した後に付いてくるプラスアルファ。


目的では無いと思います。


もちろん、ビジネスにしたいと言う場合は別です。

 私は整理が下手。整理ができない。

片付けられない。
やろうと思っているけど結局ダメ。


では、なぜそう思うのか、なぜ面倒くさいのか、

なぜ後回しなのか。
そもそも、なぜ整理をするのか。

必ず理由があります。原因があります。


それが見えてくれば、しめたもの目


誰かと、あるいは、何かと比べた目標とかではなく、

自分のライフスタイルやライフステージに合った、

目的や目標を持って整理を始められれば、きっと

今まで面倒くさいと思っていた整理も、

楽しいコトに変わるでしょうハートたち(複数ハート)


 
講座に参加すると言う事は、

忙しい時間を割いて会場まで行かなくてはなりません。

しかし、ご自分と同じ目的や、同じ問題意識を持った方々と、

話あったり、考えたりすることで、より深い気付きが得られます。

講師の話を直接聴く事で、さらに理解が深まります。

直接質問する事も出来ます。

 

「整理する前〜整理した後」と言った、

いわゆる「
BeforeAfter」だけでなく、

そのプロセスを具体的に学ぶ事が大切なのだと思います。


 「ああ、そうなのか!」とか「私のやり方で良かったんだ!」

「整理ってこう言うことだったのか」
・・

沢山の気付きをお持ち帰り頂きたいと思います。


 

整理収納アドバイザー2級認定講座を受講された事が、

ご自分と向きあうきっかけとなり、輝いて暮らす第一歩になれば、

こんなに嬉しい事はありません。

 

私の講座を受講された方でご希望があれば、

条件付きですが無料のアフターサービスを承っています。

受講して頂いて終わり・・ではなく、

講座の復習として、分からない点等をアドバイスいたします。

ぜひご利用下さい。

posted by noriko at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム