2014年08月11日

セミナー「整理収納と風水〜玄関・寝室・キッチン編〜」募集中です!

家は購入した時、あるいは借りた時には“物”ですが、

人が暮らし始めるとそれは物から“家庭”へと変わって行きます。

家やその中にあるモノは暮らしている人の心が反映され、

人も家やモノから影響を受けています。


家族が集い育む家を一番快適で癒される空間に整え、

そこから良いエネルギーを吸収することが、幸せの始まりであり、

生きるパワーの源だと思います。


風水で特に大きな影響が有るとされる「玄関・寝室・キッチン」について、

風水のポイントを押さえた「お部屋の整え方」「整理の仕方」そして、

スッキリした空間を維持するための“5つのステップ”を、

学んで頂けるセミナーです。

風水の基本と整理のポイントを毎日の生活に取り入れて、

ご自宅をパワースポットに変えませんか!


整理も風水も学べるお得なセミナーですぴかぴか(新しい)


皆様のご参加お待ちしております。

ひらめき 前回の受講者様のご感想はコチラ→★★

<主な内容>


1.     風水の基本を知ろう。

2.     各方位の持つ気と運 〜運気UPの収納のヒント〜

3.     自宅方位の測り方 〜八方位シートプレゼント〜

4.     貴方の家の風水NGチェック 〜玄関・寝室・キッチン編〜

5.     モノが片付く5つのステップ


【日 時】 2014105日(日)10001230


【会 場】 日暮里サニーホール会議室(ホテルラングウッド5階)

         JR線・京成線 日暮里駅東口 徒歩2分


【費 用】 2,000円 銀行振込。前払い。


       特定商取引法に関する記述 ←必ずご一読下さい。


ひらめきお申込みは締め切りました。ありがとうございました。

 


<講師プロフィール>

 堀 内 紀 子
整理収納アドバイザー1
整理収納アドバイザー認定講師

風水アドバイザー
インテリアコーディネーター


音楽大学卒業後ピアノ教室を主宰。その後一般起業に転職。

芸術を通して培った審美眼を活かし、空間演出とインテリアコーディネートを学ぶ。
空海の「環境と心は結びついている」と言う教えに感銘を受け
整理収納と風水を学び啓発活動に力を入れている。

現在、整理収納のみならずインテリアコーディネート・
風水を含めた総合的なアドバイスも行い好評を博している。







posted by noriko at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座ご案内

2014年08月03日

セミナー「整理収納と風水〜玄関・寝室・キッチン編〜」皆様のご感想

猛暑の中、セミナー「整理収納と風水」ご参加頂きありがとうございました。

image.jpg
皆様と楽しい時間を共有でき、この度の良きご縁に感謝致します。

本日のセミナーのご感想を、一部ご紹介いたします。

<40代・女性>
とても良い勉強になりました。先生の説明もとても分かりやすくて、あっという間に時間が過ぎて楽しい時間を過ごす事が出来ました。ありがとうございました。早く部屋の掃除をしたくなりました。良い気を取り入れられる部屋にしたいです。

<40代・女性>
運は自分の力で切り開いていく事!!だから努力し、求め続ける強い意志を持とうと思いました。今ある中でどの様に幸せに暮らしていけるか家族を幸せに出来るかを考えて、ポジティブに生活していこうと思いました。

<40代・女性>
すぐに出しっぱなしにしてしまうので、先ず収納する場所を片付けて、物をしまう場所を作りたいと思います。
家に帰ったら掃除をして、整理整頓をしたいと思います。運気をUPしたいと思います。
楽しくお話を聞く事ができたので、2時間あっという間でした。

<30代・女性>
自宅方位についての意識が強くなりました。
風水と整理収納のセミナーで、ここまで安価に受講できるのはとっても嬉しく、有りがたいです。

<40代・女性>
モノ・場所の本来の考え方が分かりました。モノを持つ意味を考えて、丁寧に暮らす事が出来そうです。

<40代・女性>
片付けに対してただ単に「物の処分」ではなく、自分の運を上げるためにやらなければならない事ではなく、「やりたい事」なのだと、意識が変わりました。

<50代・女性>
モノを捨てられない原因と、モノを持つ基準を考える事を再度意識しました。分りやすい説明が良かったです。

<50代・女性>
家にあるモノの量を少しでも減らしてみようと思います。同じ片付けるのにも風水の意味を考えてやりたいです。
大切なキーワードを沢山いただいたような気がします。


ひらめき同セミナーを、10月に同会場にて開催予定です。




posted by noriko at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座ご案内